« 貯利貯利のメボソムシクイ | トップページ | 水浴び好きなビンズイ »

2011年6月27日 (月)

大写しになったウソ

富士山5合目の水場に現れたウソの雌雄です。

日本最小の野鳥であるキクイタダキに倍率を合わせていたので、テレコンレンズを外す暇も無く、全て大写しの写真になってしまいました。

Uso8814

水場に来たウソの♂

Uso8850

地味ですがシックで綺麗なウソの♀

Uso8886

水浴び後のウソの♂。特徴である頬の赤い羽が濡れて束になり、ライオンウーパールーパーの様な姿になりました。

Miyamaodamaki8948

以前、この水場の近くの石垣でウソを撮ったことがありましたが、同じ場所に綺麗なミヤマオダマキ(深山苧環)が咲いていました。鮮やかな青紫の花弁は高山植物の中でも一際美しく感じます。オダマキの学名 Aquilegia は、この写真に見える様に、花弁の後ろが鷲(Aquila)の足の爪に似ていることから付けられたそうです。

|

« 貯利貯利のメボソムシクイ | トップページ | 水浴び好きなビンズイ »

ウソ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大写しになったウソ:

« 貯利貯利のメボソムシクイ | トップページ | 水浴び好きなビンズイ »