« 河口に集うウミネコ | トップページ | 出ずっぱりのクロジ »

2011年5月 5日 (木)

初撮りのコマドリ

連休の後半、鳥友達3人で初撮りとなるコマドリを求めて標高1400mを越える峠の沢筋に行きました。

朝8時前に到着。待つこと30分足らずでコマドリの雄が藪から出て来てくれ、ものの20秒位で向かいの笹藪に消えました。何とかカメラ位置を調整し、4、5回はシャッターを押せましたが期待していたポーズには程遠いシーンです。下の写真はその中の2枚です。

その後4時間程、他の野鳥の撮影を楽しみながらコマドリの出を待ちましたが、奥の沢筋で鳴き声は聴こえるのですが二度と出て来てはくれず、次の撮影地に移動しました。

Komadori2767a

Komadori2769

初夏の丹沢山塊でも、標高が1000mを越える沢筋で「ヒン カラララ」とか聴こえる大きな鳴声を耳にしますが、大抵が薄暗い笹藪の中で、姿を見かけることは稀でした。苔蒸した倒木か岩の上で尾羽を拡げて鳴く姿をいつかは写真に収めたいものです。

|

« 河口に集うウミネコ | トップページ | 出ずっぱりのクロジ »

コマドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初撮りのコマドリ:

« 河口に集うウミネコ | トップページ | 出ずっぱりのクロジ »