« 代掻きの田で採餌するアマサギ | トップページ | 湘南の高台のヒバリ② »

2011年5月15日 (日)

湘南の高台のヒバリ①

台風1号崩れの熱低が通り過ぎた週末は連日の晴日和。昨日は、写真にはならないだろうと思いながらも近くの山の公園と郊外の田園地帯を流れる花水川の川筋、田植え前の田畑等を野鳥を探して廻ってみました。

山の公園ではキビタキの鳴き声が聴こえていましたが、高木の樹冠で鳴いていて、下の梢には降りて来てくれませんでしたし、他のフィールドでも鳥影を目にすることはありませんでした。

折角の休日。思い立って残るMFの一つ、湘南の地を一望できる高台の畑にヒバリを求めて行ってみることにしました。

居ました。畑に突き刺された女竹の細杭の天辺に止まって囀るヒバリ。遠くの杭にももう一羽。

暑くも無く、風は微風で、少し煙ってはいるものの湘南の地が一望できるロケーション。早速、愛車から椅子を取り出し、畑の脇道に三脚を低めにセットして、暫く間合いを取るために風景に同化します。

この時期の畑にはネギ以外の作物はあまり残っておらず、花の咲いたネギ坊主ヒバリの恰好の止まり木です。

待つこと数分でネギ坊主の上に止まってくれました。

Hibari4348_2

Hibari4358_2

昼過ぎから斜陽となった5時前まで、杭に止まって囀る姿や畑に降り立ったところや揚雲雀となり上空で囀り飛翔をするところなどを存分に撮って楽しみました。

明日からヒバリシリーズとしてブログ掲載を続ける予定です。

今回はお百姓さんとも和気藹藹でした。

「何をしておられるの?」 「こんにちわぁ! お邪魔してます。ヒバリです。」 「良いのが撮れますか?」 ・・・・・

「ここは眺めが最高ですね。」 「晴れて澄んだときゃー ランドマークが見えるでぇ! スカイツリーも見えるんでねーかなぁー??」 「そりゃあちょっと無理ではないですかねェ。」・・・・・(*^-^)

|

« 代掻きの田で採餌するアマサギ | トップページ | 湘南の高台のヒバリ② »

ヒバリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の高台のヒバリ①:

« 代掻きの田で採餌するアマサギ | トップページ | 湘南の高台のヒバリ② »