« 初撮りのコマドリ | トップページ | 今年初見のキビタキ »

2011年5月 6日 (金)

出ずっぱりのクロジ

今日の野鳥はコマドリを撮りに行った峠の沢筋で出ずっぱりでサービスしてくれたクロジの雄です。

以前、戸隠で、木道脇の薄暗い藪から出て大木の梢で大きな声で鳴く雄を観察したことがありました。少し青っぽい薄墨色のシックな姿は何とも言えない美しさがあります。

ここの沢筋ではコマドリ狙いの餌付がされていて、撒かれた餌はこのクロジキビタキが殆んどたいらげていました。そういう訳で、このクロジの雄は出ずっぱりでした。

Kuroji2780

Kuroji2839

Kuroji2857_2

クロジの漢字書きは「黒鵐(巫へんに鳥)」で「黒字」ではありません。「黒いシトド」という意味です。邪魔者扱いだったクロジも「黒字の出ずっぱり」であれば歓迎されたのかも知れません。

|

« 初撮りのコマドリ | トップページ | 今年初見のキビタキ »

クロジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出ずっぱりのクロジ:

« 初撮りのコマドリ | トップページ | 今年初見のキビタキ »