« 渡りの一番バッターコチドリ | トップページ | 神社の森のアオゲラ »

2011年4月24日 (日)

神社の森のツミ

4月はいろいろと忙しく、また、天候も不順で、休日バーダーはなかなか撮影に行けません。そういう訳で、ずい分とブログに穴を空けてしまいました。申し訳ありません。

昨日来の春の嵐も去り、今日は天気予報通りの快晴。早速早朝から、情報を貰っていた県央の神社にツミを撮りに出掛けました。

ツミハト大の小型の猛禽で、雄より雌の方が大きく、雄は深紅色の眼をし、雌は黄色のアイリングに黒眼をしています。丁度桜の咲く頃に高いモミの木の梢に小枝で巣を掛けて、初夏に向けて抱卵、育雛をします。雛が孵ると、小鳥を捕まえて巣に帰って来る勇ましい姿を見せてくれます。

Tsumi1501

巣から飛び立つツミの雄

Tsumi1504

巣作り中のツミの雌。巣材のアレンジは雌の仕事の様です。

Tsumi1761

飛立つツミの雌

Tsumi1679

巣の近くの高い木の枝に止まるツミの雄。交尾のチャンスを狙っているのかも知れませんが、今日は交尾シーンにはお目にかかれませんでした。

Tsumi1766

木陰で休む雌

|

« 渡りの一番バッターコチドリ | トップページ | 神社の森のアオゲラ »

ツミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神社の森のツミ:

« 渡りの一番バッターコチドリ | トップページ | 神社の森のアオゲラ »