« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

キヅタにやって来たオナガ

今日の野鳥はオナガです。

土曜日にカワセミを撮りに行った近くの公園の林を10羽程のオナガの群れが通り過ぎました。カワセミ撮影を中断してせわしく移動するオナガをカメラで追いましたが動きが早くて追い切れませんでした。

下の写真は、実がたわわになるキヅタにやって来たオナガです。

Onaga0489a

オナガは、翼が身体に比べて小さくて飛翔力が弱く、長い尾を引きずる様にしてパタパタと低速飛行で移動します。そのせいか生息域は関東地方などの東日本に限られるそうです。前にも書きましたが、中国北京の公園には大きな群れが生息していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

近所の公園のカワセミ(2)

公園のカワセミも繁殖期を迎えて求愛給餌の真っ最中です。

雌は池の中島に生える楠木の茂みに居て、雄がせっせと餌を運びます。求愛給餌は茂みの奥で行われるために撮りたいそのシーンはなかなか撮れません。

Kawasemi20113260757

Kawasemi20113260493

頻繁に飛びこみますが成功率は2割程でしょうか。

Kawasemi20113260765

採餌をして雌のもとに運ぶ雄

Kawasemi20113260687

甲殻類を採餌した雄。求愛給餌用の餌には不向きなのかお腹が空いていたのかこの餌は自分で食べてしまいました。

Kawasemi20113260549

茂みの中で羽繕いをするカワセミの雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

繁殖期を迎えたコガモ

この週末も遠出が出来ず、用事を済ませたお昼前から、近くの公園に赴きました。狙いはいつものカワセミと、北帰行を前にして繁殖期に入ったカモ類です。

午前中の用事とは、ドラッグストアーでのミネラルウォーターの買い出しでした。原発被災による都内市水道の放射能汚染から、今度は飲み水が市中から無くなろうとしています。お産を今月に控えた長女の頼みで、一人一本の天然水のペットボトルを買いに出向き、岡山の叔父と実家に頼んでみたら岡山市内や郡部でも品薄とか。昨日は地元秦野でも、秦野の名水を求めて東京方面からの車が70台ほども並んでいたとか。ガソリンの次は飲み水です。被災原発の安全化処置の一刻も早い完了を祈るばかりです。

公園のコガモは繁殖期を迎えてペアリングに入る前でした。いつもは観られない雄のディスプレーが近くで観られました。

Kogamo0468

Kogamo0451

ディスプレーの一つでしょうか、急に背伸びをして首を折り曲げる瞬間動作です。

Kogamo0395

求愛ディスプレーです。雄がお尻を持ち上げ反りをして、綺麗な羽色を雌に見せつけます。

Kogamo0463

コガモにも冠羽があったのか! ? 興奮して首を伸ばしたところです。

Kogamo0636

水面をたたいて羽繕いをするコガモの雌。地味な雌にも綺麗な色の風切羽があります。

間も無くペアーを形成して繁殖地のシベリア等に帰って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

育雛中のカワガラス(2)

今日の野鳥も昨日撮ったカワガラスです。

この渓流のカワガラスには愛着があります。少し昔のことになりますが、5月の連休前にはこの渓流筋に夏の渡り鳥であるオオルリキビタキが姿を見せ、美しいその姿を撮影しに訪れたものです。その時にカワガラスを見付けて以来、毎年の様に早春にはいつもの営巣場所を確認に訪れます。

撮影には決して良い場所ではなく、沢筋に差し込む陽は直ぐに移動し、限られた時間帯での撮影となります。そういった制限下でも、魅了されるのはどうしてでしょう。やはりカワガラスの持つ特異性でしょうか。水のカーテンに飛び込む姿。水中を泳ぐ姿。尾を上げて踊るダンス。シックな出で立ち。魅力は尽きません。

Kawagarasu0245

上流から雛に給餌する川虫を咥えてきたカワガラス

Kawagarasu0268

その昔、春先に、渓流脇にある食堂のウッドデッキの下に隠れて撮影をした時、開店準備の掃除が始まり、デッキに撒かれた水で水攻めにあった経験があります。懐かしい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

育雛中のカワガラス

東北地方太平洋沖地震の発生から1週間。余震、原発、ガソリン、計画停電、正直言って不安です。被災者の方々が示す威厳のある行動、品格を我々も持って頑張るしかありません。

今日は、震災後にやむなく通勤用としたマイカーの給油に並びましたが、小1時間並んで通勤2日分にあたる20Lの給油が出来ただけでした。

野鳥撮影も遠出は出来ません。そろそろ例のカワガラスが雛を孵した頃ではと近くの渓流に出掛けてみました。

ここの渓流では晩春から初秋までマス釣り場が営業されます。今日は開場のための渓流筋の清掃が行われていて撮影は無理かと半ばあきらめムードでしたが、清掃の合い間に給餌のための採餌の姿と巣への出入りを観察することができました。今週の雛の孵化が確認された日でもありました。

Kawagarasu0241

Kawagarasu0264

Kawagarasu0187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

近所の公園のカワセミ

今日は東電の計画停電(輪番停電)の情報に振り回され、そして福島第1原発の継続する危機的対応に危惧の念を抱いた一日でもありました。被災原発には一刻も早い安全化処置が取られることを只ひたすらに祈るばかりです。「がんばろう日本! がんばれ東北!」

そして、多くの海外の知人、友人からの安否を気遣うメールには、その心遣いに大変感謝しています。ありがとうございます。

今日の野鳥もカワセミです。近所の公園には2羽の♂と1羽の♀が居ます。春になり、繁殖期を前にして行動が活発になって来ました。

Kawasemi20113139911

Kawasemi20113139857

Kawasemi20113139977

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

陽を浴びて飛ぶカワセミ

激甚災害となった東北地方太平洋沖地震の悲惨なニュースを流すTVから離れ、家事手伝で外に出ると、ガソリンスタンドは給油の車で長蛇の列。スーパーのミネラルウォーターとパンの棚は空っぽ。この惨状に夕刻の「東京電力 計画停電を要請」のニュースが加わり、正に危機の現実を知らせてくれています。この度の震災のダメージの大きさにはただただ驚くばかりです。

今日の野鳥は、暗がりを陽を浴びて飛ぶカワセミです。

Kawasemi20113139889

Kawasemi20113139890

Kawasemi20113139891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

葦の茎で採餌するシジュウカラ

巨大地震「東北地方太平洋沖地震」の惨状は目を覆うものがあります。被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

余震が続く中、日が明けてTVニュースで知る壊滅的惨状に、津波の恐怖を改めて認識いたします。刻々と時間を追って入って来る被災のニュースに、明日を心配するのは瑞鳥庵の住人ばかりではないはずです。日本経済を支えるライフラインの寸断。大惨事に至らないことを祈るばかりの原発ダメージ。過去に経験の無い観測史上最大の地震ではあっても、自然界の力の想定は困難であることと人為の及ぶところではないことを痛感します。原発の在り方が問われるでしょう。

今日の野鳥は、先週撮った葦原のシジュウカラです。

葦の枯れ茎に小さな尖った嘴で穴をあけて中に潜む昆虫の幼虫を捕り出します。時に「パチ、パチ」と、茎を割る乾いた音が聴こえます。

Shijyuukara9478

Shijyuukara9491

Shijyuukara9493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

名水公園に来たオカヨシガモ

今日の野鳥は、我が町秦野市の名水桜公園にやって来たオカヨシガモです。

小田急線の秦野駅の裏手にある今泉名水桜公園は、湧き水が作った小さな池で、その昔は釣り堀だったそうです。今は建築家 安藤忠雄氏の基本構想になる小奇麗な公園になっています。多種の桜が植えられて、寒緋桜の咲く3月下旬から冬桜の咲く12月まで、厳冬期を除くほぼ一年を通じて桜をめでることが出来る桜公園です。

ここの池には、市街地にもかかわらず、カワセミが居たり、少数のカモ類が渡って来て越冬します。マガモコガモが毎年の常連ですが、時にはキンクロハジロも入ったことがあります。

瑞鳥庵から歩いても12、3分程の距離にあり、この前の日曜日に様子を窺いに寄ってみると、なんと、今迄にこの池では観たことのないオカヨシガモが10羽程、お尻を水面に突き出して浅い池の底の藻を採餌しているではありませんか!今年は県西の川も荒れ、餌に不自由してこの池にやって来たのかも知れません。

急ぎ機材の準備をして、他所では珍しくも無いオカヨシガモの撮影を楽しみました。

Okayoshigamo9749

羽ばたきをするオカヨシガモの♂ 頬から首にかけて橙色になっているのは繁殖期を迎えての換羽でしょうか?胸から腹部にかけてのシックな模様が綺麗です。

Okayoshigamo9730

雌雄揃って水かきのある両足で水面下を掻きまわしていましたが、どうも底に生えている餌の藻に水流を掛けて洗っている様に思えました。

Okayoshigamo9793

水かきを終えると逆立ちして底の藻を食べ出します。

Okayoshigamo9820

この写真はちょっと失礼ですかな?

この名水桜公園脇には、建築家安藤忠雄氏の設計になる曹洞宗太岳院の本堂があります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

冬鳥の代表種カシラダカ

今日の野鳥もビオトープ脇の雑木林で撮影したカシラダカです。

冬の渡り鳥の中ではツグミに次いで渡来数が多いそうです。散策路を歩いていると、「チィ、チィッ」と可愛い声が聴こえ、ホオジロ類が近くに居ることは容易に判りました。少し歩を進めると数羽の小鳥が一斉に飛び立ち、近くの雑木に止まった。尾羽の両脇が白く見えなかったので、すぐにカシラダカと判りましたが、動きもホオジロに良く似ています。

下の写真は濃くなりかけた背の羽色から冬羽の♂のカシラダカだと思いますが、小さな冠羽を立てて警戒をしています。カシラダカの写真はこうでなくてはいけません。

群れにミヤマホオジロが混じっていないか探しましたが、それは虫が良過ぎました。

Kashiradaka9512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

聴きなしの粋なイカル

今日の野鳥は先週のビオトープ脇の雑木林で撮ったイカルです。

機材を振り担いだ姿に驚いたのか、地面で採餌していた十数羽のイカルの群れが一斉に飛び立ち、欅の梢に止まりました。「キコ、キコ」という心地よい声と、広げた翼の白斑でイカルの群れだと判りました。結構警戒心が強く、すぐに移動してしまいますが、最後まで近くの梢に残ってくれた1羽を撮影しました。

Ikaru9619

大きく太い黄色の嘴と黒い顔面を持つ美しい野鳥で、姿のみならず「キコ、キコ、キィー」と聴こえる乾いた鳴き声が特徴です。この鳴き声は「お菊二十四ー」と聞きなされているそうで、誰が付けたか色気もあり粋な聴きなしだと感心致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

カワウの奴さんだよ!

今日の野鳥はカワウです。

埼玉県のビオトープ脇の河原に1羽のカワウが降り立ち羽繕いを始めました。その姿、羽色が美しかったので、ついついシャッターを押してしまいました。

Kawau9582

Kawau9590

どうです?この写真。奴さんが筒袖を張った姿に似ているでしょう? 鵜は身体を水中に沈め、潜って魚を採餌するために羽根に油分がありません。潜水した後の羽根はたっぷりと水を含むため、翼を広げて乾かす姿がよく観察されますが、上の写真の様に両翼を真横に全開した、奴さんの様な姿は初めてでした。

今では、漁協が放流した稚鮎を大量に捕食したり、糞害を起こす程に増えてしまったカワウですが、80年代にはその数を減らした時期もあったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

婚姻色のアオサギ

今日の野鳥は埼玉県の河川敷で撮ったアオサギです。

三寒四温とは良く言ったもので、3月に入り日中の最高気温が20℃を越える日があると思えば10℃を下回る日が続きます。こうやって何時しか春が訪れます。

河川敷の草木の芽は未だ芽吹いてはいませんが、枯れたブッシュの上に止まるアオサギは既に婚姻色が出て、嘴が赤くなり、長い脚もピンク色に染まっていました。背の色も光の加減か、「蒼鷺(あおさぎ)」の名の如く、青灰色よりも蒼に近い淡青色に見えました。

Aosagi9507

下は、雰囲気を出すために青空を入れて縦構図にしてみた写真です。

Aosagi9510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

巣作り中のエナガ

今日の野鳥は巣作りをするエナガです。

土曜日に行った埼玉県のビオトープのある河川敷での発見です。ハチジョウツグミの出が悪いので河川敷を一回りしてみることにし、シメツグミホウジロカシラダカシジュウカラと観察種を増やしていくと、「チー チー」と聴き慣れたエナガの声がする。姿を追うと、口に白い物を咥えていて、目の前の桜の木に止まった。

桜の木の又になった所に薄緑色の巣があるのが見え、なんとエナガは、番で巣作りの真っ最中でした。邪魔をすると巣を放棄することもあるため、遠くに離れ、X2のテレコンを装着して撮影しました。

Enaga9543

Enaga9558

Enaga9569

巣は苔類をクモの糸で絡め入口を小さくして袋状にし、外にはウメノキゴケ(写真のエナガが咥えている白いもの)を張って樹皮に似せて偽装します。巣の中には雛の保温用に羽毛を数百枚集めて来るそうです。

エナガは子沢山で、10羽前後の雛を孵します。以前、小枝に11羽の雛が体を寄せ合って並んだところを撮影したことがあります。雛が巣立った頃の親鳥の尾羽は、小さな巣の中で丸まったのか、曲がっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

藪の中のハチジョウツグミ

今日は久し振りに遠出をし、情報を貰っていた埼玉県のハチジョウツグミを撮りに行きました。

ツグミの亜種で、少数が渡来するそうですが、観るのは初めてでした。少し前までは餌付がされていて開けたところに出ていたそうですが、近くに棲むモズ♀に追われて小川を隔てた藪の中に回避してしまったとか。今日は10時頃から3時間ほど他の野鳥を撮りながら粘ってみましたが藪の外には出て来てくれませんでした。

そういう訳で、初見初撮りのハチジョウツグミは、枝被りばかりのしかも逆光の証拠写真に終わりました。

Hachijyoutsugumi9368

藪の中のほぼ同じ場所を繰り返し移動しながら、落葉を掻き分けて採餌をするハチジョウツグミ

Hachijyoutsugumi9411

喉から胸にかけての赤茶色の羽毛と下腹の白い羽毛のコントラストが綺麗です。

Hachijyoutsugumi9416

背はグレーで、スイスで観たノハラツグミに良く似ていました。 下の写真は、ハチジョウツグミを追いやったと聞いた近くに棲むモズの雌です。

Mozu9379

そして、小川の草むらにはイタチが棲んでいます。もしかしてイタチを警戒して開けたところに出てこないのかも?

Itachi9354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »