« 超珍鳥のキガシラシトド | トップページ | 珍鳥サカツラガン »

2011年2月 8日 (火)

江戸川のオジロビタキ

今日の野鳥は超珍鳥キガシラシトドを撮りに行った江戸川の中州で撮ったオジロビタキです。

葦原が焼かれた後の広場で餌付けされていましたが、同じ冬鳥のヒタキ類であるジョウビタキの雌と一緒に頻繁に出て、多くのバーダーにサービスしてくれていました。

今年1月の下旬に、埼玉県の公園のキャンプ場に居たオジロビタキは、亜種ニシオジロビタキであるとの識別情報があり、識別ポイントの判らないまま今回の江戸川の個体は亜種の違いで、表現には支障があるかも知れませんが普通のオジロビタキとしてマイリストに登録することにしました。

Ojirobitaki8189

兎に角動きが早く、静止して、特徴のある尾羽を上げたシーンは、なかなか撮らせてくれません。

Ojirobitaki8250

部分的に葦焼きが行われた一角で、葦の焦げた茎に止まったオジロビタキ

Ojirobitaki8274

Ojirobitaki8313

餌付けされた場所でのバーダーお気に入りのポーズの写真です。ジョウビタキ♀の邪魔が入り、この場所も直ぐに退散です。

|

« 超珍鳥のキガシラシトド | トップページ | 珍鳥サカツラガン »

ニシオジロビタキ」カテゴリの記事

コメント

オジロビタキは姿といいロケーションも良く撮れましたね。お見事です!

投稿: kychigasaki | 2011年2月 9日 (水) 08時03分

通りすがりで失礼します。
この子もニシですよ。
第1回冬羽です。4月になれば喉元のオレンジ色が目立ってくると思います。

投稿: 西一 | 2011年2月 9日 (水) 15時58分

kychigasaki様
キガシラシトドの撮影で次の撮影地に行こうと思っていましたが、少ししか離れてない場所だったので行ってみました。餌付されていましたので出ずっぱりで、何とかチャンスを生かせました。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2011年2月 9日 (水) 19時18分

西一様
お立ち寄り、そしてお詳しいコメント、どうも有難うございます。そうですか、この子もニシオジロビタキですか。さいたまの子はもう胸にオレンジ色の羽が生えて来ているそうです。
またのお越しを御願い致します。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2011年2月 9日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川のオジロビタキ:

« 超珍鳥のキガシラシトド | トップページ | 珍鳥サカツラガン »