« ダム湖にやって来たトモエガモ | トップページ | 湖水を飲むヒレンジャク »

2011年1月21日 (金)

未だ居てくれたオジロビタキ

トモエガモを撮影した後に、少し足を延ばして、以前情報を貰っていたオジロビタキの場所に行ってみました。だいぶ日時が経っていたので、もう既に抜けているのではと、気分は期待よりも諦めモードの方が優先していました。

現地に着いて探しますが、カメラマンも居ないし、餌付の場所にも最近の痕跡が見つからない。

30分程経ったでしょうか? ご夫婦のバーダーの方が来られ、高木の樹冠でフライングキャッチを繰り返すオジロビタキを見付けて教えて下さり、その後、やっと目線の高さで追える隣の畑の柿の木にやって来たところをワンショットだけ撮影することが出来ました。

兎に角、チョコチョコと動き回り、じっとしてくれない初撮りの珍鳥でした。

Ojirobitaki5864

|

« ダム湖にやって来たトモエガモ | トップページ | 湖水を飲むヒレンジャク »

ニシオジロビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未だ居てくれたオジロビタキ:

« ダム湖にやって来たトモエガモ | トップページ | 湖水を飲むヒレンジャク »