« 謹賀新年 | トップページ | 鳥撮り初めはトラツグミ »

2011年1月 2日 (日)

雪の林道のオオマシコ

今日の野鳥は一昨日ご紹介しましたオオマシコです。

大晦日の日、一年の撮り納めにと、鳥友達と二人で山梨県甲州市の林道に赤い鳥オオマシコを撮りに出掛けました。その日は荒天との予想でしたが、予想を上回る好天に恵まれ、おまけに前日の薄雪が残り、オオマシコの撮影には打って付けの条件となりました。

オオマシコは、数年前、奥蓼科のペンション「アダージオ」さんにお世話になり、餌台に来た雄を撮影したことがありますが自然の中での撮影は今回が初めてでした。

オオマシコは渡来数の少ないアトリ科の冬の渡り鳥で、赤い体色が猿の顔色に似ていることから「猿子(マシコ)」と云われるそうですが、他のマシコ類と比べ一段と赤い雄の体色から「大(オオ)」の名を貰っているようです。

Oomashiko5255

真っ赤な体色の雄の成鳥

Oomashiko5274

落ち着いた綺麗な羽色の雌

Oomashiko5263

萩の実が大好きなようです。草に積もった昨夜の薄雪は既に溶けていました。

Oomashiko5324

雪の上の餌を啄ばむ雄の成鳥。白い雪に赤い体色が映えます。

Oomashiko5351

雌の地味な体色もそれなりに美しいものです。この日は10羽程の群れで林道筋を採餌して廻っていました。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 鳥撮り初めはトラツグミ »

オオマシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の林道のオオマシコ:

« 謹賀新年 | トップページ | 鳥撮り初めはトラツグミ »