« 生息域を拡げたミヤマガラス | トップページ | ヌルデの実を食べに来たシロハラ »

2010年12月11日 (土)

河原を帆翔するハイタカ

今日は珍鳥コウライアイサを求めて県央のフィールドを訪れました。

お目当てのコウライアイサには会えず、散々な結果に終わりましたが、初撮りとなるハイタカ♀の帆翔を観察することが出来ました。

オオタカハイタカツミなどをハイタカ属と云うそうですが、ハイタカ属は♀の方が♂より大きく、体色も似ていて識別に苦労します。ハイタカツミの成鳥では♂♀で体色が異なり、ハイタカの♂を「コノリ」、また、ツミの♂は「エッサイ」といったそうです。

Haitaka1346

Haitaka1354

Haitaka1356

Haitaka1360

|

« 生息域を拡げたミヤマガラス | トップページ | ヌルデの実を食べに来たシロハラ »

ハイタカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河原を帆翔するハイタカ:

« 生息域を拡げたミヤマガラス | トップページ | ヌルデの実を食べに来たシロハラ »