« 貴公子の様なアメリカコハクチョウ | トップページ | この子 ヨーロッパトウネン? »

2010年12月22日 (水)

27羽もの越冬オオハシシギ

先週末の土曜日にホシムクドリを撮りに行った茨城県の霞ヶ浦西岸の蓮田で撮影したオオハシシギです。

オオハシシギ自体が渡来数の少ない珍しいシギですが、ここの蓮田で越冬するオオハシシギはその数(飛翔写真でカウントした結果)なんと27羽。

赤茶色に変った夏羽のオオハシシギは葛西臨海公園の淡水池に1羽で居た個体を写真に収めたことがありますが、さすがに27羽となると圧巻です。

Oohashishigi2688

Oohashishigi2989

Oohashishigi2783

群れの飛翔写真です。名の通り、長い嘴が写真に栄えます。

Oohashishigi3051

タゲリが休む畦道を群れで横切って行きましたが、驚いてうろたえたのはタゲリでした。

Oohashishigi3001

蓮田の水面に浮かぶ赤い水草の中の餌を採っていました。

|

« 貴公子の様なアメリカコハクチョウ | トップページ | この子 ヨーロッパトウネン? »

オオハシシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27羽もの越冬オオハシシギ:

« 貴公子の様なアメリカコハクチョウ | トップページ | この子 ヨーロッパトウネン? »