« 冬の使者ジョウビタキ | トップページ | ずい分と久し振りのヤマセミ »

2010年11月 9日 (火)

冬の使者ジョウビタキ2

今日の野鳥も先週の土曜日に山の公園の水場で撮ったジョウビタキです。

昨日は♂、今日は羽色が淡く美しい♀です。

ヒタキと名の付く野鳥の♀はどれも地味な羽色をしていますが、このジョウビタキの♀は♂と同じように背に紋付があり、♂の羽色と比較しなければ♀は♀で結構美しい野鳥です。

ヒタキと名が着いても分類学上は、ルリビタキやこのジョウビタキツグミ科で、キビタキエゾビタキ等のヒタキ科とは科を異にします。

ヒタキの語源は、「カタッ カタッ」と鳴く声が火打ち石で火を着ける音に似ているところから「火を叩く」→「火叩き」→「ヒタキ」となったそうですよ。

Jyoubitaki5754

Jyoubitaki5864

Jyoubitaki6158

|

« 冬の使者ジョウビタキ | トップページ | ずい分と久し振りのヤマセミ »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の使者ジョウビタキ2:

« 冬の使者ジョウビタキ | トップページ | ずい分と久し振りのヤマセミ »