« 青い脇羽のタヒバリ | トップページ | 遡上したボラを狙うミサゴ »

2010年11月20日 (土)

冬鳥シメの到来

今日は朝からお昼過ぎまで、近くの公園でガマカワ(蒲の穂にとまるカワセミ)を狙いました。それから山の公園の水場に冬鳥の出を確認に行きましたが、水場にはカメラマンは誰も見当たらず、熊でも出たのかと嫌な予感。

しかしながら、少しして、いつもの近所の常連が集まりにぎやかな鳥談義が始まりました。

冬鳥が揃うのは未だ少し早い様で、今日はシメ4羽の群れとシロハラのみ。珍しくヒガラがカラの混群に交じっていました。

と、いう訳で、今日の野鳥は水場の脇で撮った冬鳥シメの雌雄です。

Shime5895

体色が濃く、顔の周りの黒い隅が大きくはっきりしている♂

Shime5892

♂に比べて体色は薄く、顔の隈も薄い♀

今日撮ったガマカワは、その内に、瑞鳥庵HOMEPAGEに掲載の予定です。

|

« 青い脇羽のタヒバリ | トップページ | 遡上したボラを狙うミサゴ »

シメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬鳥シメの到来:

« 青い脇羽のタヒバリ | トップページ | 遡上したボラを狙うミサゴ »