« 落ち鮎を呑み込むウミネコ | トップページ | カマツカを捕食したカイツブリ »

2010年11月23日 (火)

黒い顎鬚を蓄えたヒガラ

今日の野鳥はヒガラです。

先週の土曜日に山の公園の水場で撮った写真ですが、カラの混群に交じって水浴びに来ていました。亜高山帯の針葉樹林に生息し、冬場には低山にも下りて来るそうですが、この水場で観るのは初めてでした。

カラ類のなかでは、黒いネクタイをしたシジュウカラ。小振りの蝶ネクタイをしたコガラ。そして、この黒い三角形のエプロンをしたヒガラと、胸の羽色は簡単な識別ポイントとなっています。ヒガラのエプロンは、エプロンとしては少し小さめで、差し詰め涎掛けか顎鬚のように見えます。

下の写真を観ていて、小柄でずんぐりしていて、黒い顎鬚を蓄えた顔からアルゼンチンの往年の有名サッカー選手「マラドーナ」を連想して一人で笑ってしまいました。

Higara5901

Higara5943

Higara5946

|

« 落ち鮎を呑み込むウミネコ | トップページ | カマツカを捕食したカイツブリ »

ヒガラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒い顎鬚を蓄えたヒガラ:

« 落ち鮎を呑み込むウミネコ | トップページ | カマツカを捕食したカイツブリ »