« 至近距離で撮れたヒバリシギ | トップページ | タニシを食べるチュウシャクシギ »

2010年9月20日 (月)

警戒心がとれた後のタシギ

今日の野鳥は日曜日に休耕田で撮ったタシギです。

水の引いた休耕田には前日のタカブシギヒバリシギがまだ残っていてくれました。光線の具合の良くなる午後に再び戻って来る予定で、その足で河口の干潟を観て来ました。

2時頃休耕田に戻ってみると、畔寄りの草叢にタシギの姿があり、警戒心がとれた後には3羽が揃って、僅かに水の残る泥地で採餌をしてくれました。

タシギは渡りをする鴫ですが、日本でも越冬し、冬場の泥田や湿地でも目にすることがあります。

Tashigi3555

イグサの中から出て来たタシギ

Tashigi3623

Tashigi3647

長い嘴を頻繁に泥の中に突き刺して採餌をします。

Tashigi3664

|

« 至近距離で撮れたヒバリシギ | トップページ | タニシを食べるチュウシャクシギ »

タシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警戒心がとれた後のタシギ:

« 至近距離で撮れたヒバリシギ | トップページ | タニシを食べるチュウシャクシギ »