« 街路樹は雀のお宿 | トップページ | やっと会えたヒバリシギ »

2010年9月11日 (土)

休耕田にやって来たオグロシギ

神奈川県西部に大雨を降らせた台風9号が去り、朝夕少し涼しくはなりましたが、まだまだ日中は猛暑が続いています。

今日の休日も、シギチを求めて近くの休耕田に足を延ばしました。

台風9号と言いますと、瑞鳥庵の住人の務める工場の周辺住民に河川決壊の非難勧告が発せられ、TVで視られたかとも思いますが、河川敷でテント生活をされていた二人の方がレスキュー隊に救助されると言う様な河川(酒匂川)の大増水という事態をもたらせました。

このお二方は、今年の春に河川敷にキジを撮りに行ったときにお世話になった方達でした。無事救助されて良かったです。

ところで、今日の野鳥は、先日21羽ものケリが水浴びをしていた休耕田に渡りの途中に入って来てくれた親子3羽のオグロシギです。

オオソリハシシギに良く似た大型のシギで、長い真直ぐに伸びた嘴と、長い脚、黒い尾羽が特徴です。周りに多く生息するタニシをせっせと採餌していました。

Oguroshigi9596

Oguroshigi9567

手前の嘴が少し短くて嘴の付け根の頬の色が白っぽいのが幼鳥です。

Oguroshigi9923

尾羽を下げたところです。名の由来の黒い尾羽が良く観えます。

Oguroshigi9879

餌のタニシを盛んに頬張っていました。

Oguroshigi9746

後ろにやって来たコサギを威嚇?して羽を広げたところです。

|

« 街路樹は雀のお宿 | トップページ | やっと会えたヒバリシギ »

オグロシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田にやって来たオグロシギ:

« 街路樹は雀のお宿 | トップページ | やっと会えたヒバリシギ »