« 河口のコアジサシ | トップページ | 丘陵地のチョウゲンボウ »

2010年7月14日 (水)

秦野生まれ?のキビタキの雛

山の公園の水飲み場にやって来たキビタキの雛です。

今年はキビタキが多い様に思いますが、偶々出掛けたフィールドで沢山のキビタキを見かけたのかも知れません。

野鳥の雛の成長スピードには驚きます。もちろん種によって大きな差があるようですが、孵化して2週間ほどで巣立ちを迎える種が殆んどでしょうか? このキビタキの若鳥も、あと3か月もすれば海を渡って南の越冬地に向かいます。

そうです。この子は秦野生まれのキビタキです。

Kibitaki4033

Kibitaki4032

Kibitaki4055

|

« 河口のコアジサシ | トップページ | 丘陵地のチョウゲンボウ »

キビタキ」カテゴリの記事

コメント

瑞鳥庵の住人さん、先だってメールしましたアンティーです。いつも本当に素晴らしい写真ありがとうございます。
コメントちょっと遅くなってしまったのですが、この可愛いキビタキの雛は、巣立っているとの事ですが、まだこんなに小さいのに独立行動しているんでしょうか?

秦野は自然満載で良いところですね。今度帰国する時行ってみたくなりました。

投稿: アンティー | 2010年7月20日 (火) 07時56分

アンティー様
コメント有難う御座います。

この秦野生まれのキビタキの雛は、もう立派に水浴びもし、親からの給餌も受けていない様でした。今年生まれた雛が、10月の終わりには南の越冬地に向けて数千キロの渡りをするなんて人間では到底想像できませんね。

アンティーさんのブログ<http://oceanbirds.blog134.fc2.com/>に載っているオーストラリアの野鳥、ユニークな鳥ばかりで驚いています。

珍しい野鳥のアップを楽しみにしています。
今度コメント入れさせていただきます。

帰国の際はご連絡下さい。ポイントをお教えします。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2010年7月20日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野生まれ?のキビタキの雛:

« 河口のコアジサシ | トップページ | 丘陵地のチョウゲンボウ »