« アオバズクの巣立ち雛 | トップページ | 岩礁のウミウ »

2010年7月24日 (土)

懐かしのキョクアジサシ

アメリカ滞在中の1996年の夏に、大西洋に浮かぶ MACHIAS SEAL ISLAND に単独撮影行を敢行しました。期待する野鳥は、大きくて扁平な嘴を持つひょうきん顔のパフィン「Atlantic Puffin」と、同じくその島に営巣するキョクアジサシ「Arctic Tern」でした。

そのキョクアジサシが来たとの情報を貰い、まさか日本で?と疑いましたがアオバトで有名な近所の海岸でしたので、この猛暑を覚悟で出掛けてみました。

9時前に到着したのですが、既に40人ほどのカメラマン。朝方は何と100名ほどもおられたとのこと。光線の具合が良くなる午後1時頃まで撮影を堪能しました。

このキョクアジサシは繁殖地の北極圏と越冬地の南極圏の間、往復約3万数千キロを旅するアジサシの仲間で、日本では稀に迷鳥として観察されるそうです。

Kyokuajisashi3894

Kyokuajisashi3925

Kyokuajisashi4478

Kyokuajisashi4978

Kyokuajisashi4950

Kyokuajisashi4999

|

« アオバズクの巣立ち雛 | トップページ | 岩礁のウミウ »

キョクアジサシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのキョクアジサシ:

« アオバズクの巣立ち雛 | トップページ | 岩礁のウミウ »