« アオアシシギ | トップページ | シロチドリ »

2010年5月11日 (火)

ガビチョウ

GWに郷里の岡山に帰省した数日を除き、毎週の様に週末に野鳥撮影に出掛けていて、この瑞鳥庵ブログに載せる写真には事欠かないのですが。何故か本日は、秦野の権現山で最近撮ったガビチョウの写真です。

ご存知の様に、ガビチョウはソウシチョウと同様、中国からの移入種です。中国系の人にはその鳴き声で大変人気のある鑑賞対象の野鳥(飼い鳥)だそうです。大きな体格とメロディーの無いやけににぎやかな鳴き声は日本人には馴染めません。ペットショップでの売れ残りを放鳥したのが野生化の始まりとの説もあるようです。

こんな野鳥が大量に増えて、其処ら中で鳴き出したら、野鳥愛好家の看板は下ろさざるを得ない。そんな日が間も無く到来する?杞憂では無い様な気がしますが、湖のブラックバスの様な日本古来種を残して(危害を与えず)ガビチョウのみ捕獲する効果的な作戦が思いつきません。

Gabichou8721

Gabichou8455

Gabichou8463

|

« アオアシシギ | トップページ | シロチドリ »

ガビチョウ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、torinyoと申します。

ちょいと、真鶴あたりの最新情報などを検索していたら、HPからこちらのブログへと入り込んでしまいました。
どれもこれも、素晴らしい写真で、ついつい見入ってしまい、足跡を残させていただこうと思いました。

この記事のガビチョウですが、ホントに、よく見かけるようになりました。

神奈川の県央、県北、県西部の箱根でも、
公園や緑地のほとんどに居ると言っても過言ではないようです。

動物愛護の立場をとる消極的な駆除対策では、もう間に合わないかもしれませんね・・・

あぁ、特定外来種では、コジュケイも、よく見かけるようになってきました。

投稿: torinyo | 2010年5月12日 (水) 16時19分

torinyo様

アクセス、そしてコメント有難う御座います。

他の特定外来種としてソウシチョウが居ますが、
最近、早朝の半時ぐらいですが瑞鳥庵の庭先で鳴き始めました。
ガビチョウと比べ幾分小さな鳴き声ではありますが、
馴染めない声であることには変りありません。

原産地でも渡りをしない留鳥で、且つ、繁殖力旺盛のようで、
今後益々在来種を脅かす存在になりそうです。
困ったものです。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2010年5月13日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガビチョウ:

« アオアシシギ | トップページ | シロチドリ »