その他

2018年11月24日 (土)

帰省先の田舎の秋

今日は、その他のテーマで、帰省先の郷里岡山の田舎の秋を少し紹介しましょう。

Yatakayama201811150390

Yatakayama201811150386

上は、時々野鳥撮影に訪れる「弥高山公園」の紅葉風景です。この公園は、古代の火山が侵食隆起した残丘(モナドノック)と呼ばれるお椀を伏せたような姿の弥高山(標高654m)を中心にした山の公園で、春のツツジ祭り、晩秋の雲海が望める公園です。

余り知られてはいませんが、夏鳥、冬鳥観察のスポットで、近い将来に、市の観光協会で、水場とブラインドを備えたバードサンクチュアリーを設営して欲しいものだといつも思っています。

Sanaginotaki20181121n2131

そしてこれは、町内にある「沢柳の滝(さなぎのたき)」。 古代石灰岩層を浸透した地下水が地表に流出した、落差25mの小さいながらも美しい滝です。

手前の紅葉を入れてコンデジで。

ご興味のある方は、「弥高山公園」「沢柳の滝」で検索を。

そして、田舎で自慢したいものは、風光明媚な景色とは打って変わって、何を隠そう、私の帰省を待っていてくれる素晴らしい幼友達(同級生)の面々です。

菜園作業をしていると、忙しい仕事の合間に顔を見せに遣って来てくれて話が弾みます。自営業の家業を継いだ社長さんやリタイアして地域貢献をしている友達など。

同級生というもの、何をするにも直ぐに気が合い、たちまち一杯ということになりますが、皆が羨ましがるような田舎の食材も気前良くご馳走してくれます。

今回の帰省は秋。

Matsutake201810210368a

都会では口に出来ないだろうと、自動車修理工場の社長が届けてくれた松茸。2本で700gを超えていました。

そして、

Ayu201811160392

これは、釣師であるガソリンスタンドの社長が開催してくれたBBQに出て来た食材の

彼が今年四国で釣った天然ものの鮎です。体側に並ぶ筋肉の筋からも、清流で育った天然もののと分かります。

Ayu201811160393

居並ぶ幼友達を置いて、その内の一番大きなを私にと。 美味でした。

今回は帰省していた田舎の秋季の紹介でしたが、故郷と幼友達。大事にしたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

処暑の候の磯のアオバト(飛翔)

今日の野鳥は昨日に続きアオバトです。

Aobato201808269787

Aobato201808269617

青空を群飛する鳥の姿は、アオバトに限らず美しいものですが、

Aobato201808269627

碧い海原を飛び交うアオバトは、海の色に嘴の青い色が同化した様で綺麗でした。

Aobato201808269633

Aobato20180826z9637

Aobato201808269889

Aobato201808269890

Aobato201808269892

アオバトにもこの猛暑はキツイのか、嘴を開いて飛翔する個体が多かった様な。

**********************************************************************

(以下、まったくの余談):鳥以外には興味の無いお方はスルーして下さい。

スマホデビュー

 帰省先の岡山の実家での豪雨被災の復旧作業中に、ガラケーの液晶画面を破損させるという再発事故をやってしまいました。

 そしてとうとうスマホデビューです。

 月遅れの盆に帰省した奥さんや娘達が複雑な利用設定を(一部強引に)やってくれて、現在は、少し大きくなって常時持ち歩けないことによる万歩計機能の利用を断念しただけで、快適に利用しています。

 中でも多用しているのが、家族5人でのLINEです。 飽きるまで当分は遊べ、遊ばれそうです。

LINE(利用事例)

 さくらももこさんの訃報に際して:(まったくの内輪の話ですがLINEから。)

 息子: さくらももこさんがお亡くなりになったね。

 父: 優秀な人は、いつもキラ星の様に輝いて、早く視界から消えて行くんだよ。それに引き換え、父さんは、長生きしそうだな。

 息子:憎まれっ子世に憚るって言うしね(笑)

 父:だよね。?

 妻:ちびまる子ちゃんねー、懐かしい。 58だって、残念だね

 息子:おうちにあったちびまる子ちゃんのマンガは誰が買ったやつ?

 父:53だよ。

 娘①:すごくショック。悲しい。 娘達も日曜にアニメ見てるし、私もマンガ読んだりアニメ見てたの。 家にあるのは私が小学生の時に買ったやつだと思う。憎き乳がん・・・

 息子:ねーちゃんのだったんだね。小さい時からあったから、なんかショックだった。

 (日が変わり)

 父:おはよう!皆さんお勤めお疲れさま。今日も蒸し暑そうだね? 今朝、ちびまる子のマンガを探していたら、母さんが、桃の缶詰ならここにあるよ!って出してくれたのが、ももこさんのエッセイ集の「もものかんづめ」。 かじり読みしたら、こりゃ面白いは!

Momonokandume201808280314

 娘②:面白いよね! 闘病中とも知らず、突然でびっくりしたね。

こんなちびまる子一家の様な家族のLINEでしたが、

さくらももこさんのご冥福をお祈り致します。 合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

ブログデザイン変更(パーツ追加)

当ブログの表紙デザインの小変更を致しました。

数日前にアクセスカウンターの数値が減じるというアクシデントが再発(再々再発)しまして、クレームを付けたものの、未だに改善も、「ココログからのお知らせ」にも表記されない様な問題のあるブログですが、長年有料で継続してきたブログで、他に引越しもままならない現状に憤懣遣る方無しと言った状況です。

ま、それはそれとして置いといて、

拙いブログの表紙を見ていて、ブログパーツを入れ替えて、新規とは行かないまでも小変更で、当面の憤懣抑制と気分転換をしようと思い付きました。 暇なんですよ。

下記が追加したblogparts.com さんからの無料ブログパーツです。

  1. カメラ用語辞典(左下に設置) * 松永あたる氏著作の辞典!
  2. 日めくりカレンダー(右上に設置) * 「計算」が面白い!
  3. 時刻(デジタルからアナログへ) * さよちゃん作成の国鉄標準型時計

ブログご訪問の際、もしお時間がありましたら遊んで行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

小笠原最終回(父島のお見送り)

母島での探鳥を終え、旅はとうとう終盤に。

ははじま丸で名残惜しい母島を離れ、父島に向かいます。父島に到着後は、買い物をしたり、昼食を取ったりと、港の周辺や、ごった返すおがさわら丸の待合室辺りで時間を潰しました。

乗船後、埠頭でのお見送りセレモニーが始まり、多くの見送りの人達の中で小笠原太鼓の演奏が始まりました。

Sendoffceremony20170912n0315

そして、定刻の15:30分。 「蛍の光」が流れる中、

Sendoffceremony20170912n0319

大勢の人達が「いってらっしゃ~い!」と手を振って見送ってくれる二見港を離岸しました。

その後です。

Sendoffceremony20170912n0326

噂に聞いていた、ボートや漁船による感動極まるお見送りが始まりました。

Sendoffceremony20170912n0327

その数、十数隻。 碧い海にボートが立てる白波が綺麗です。

Sendoffceremony20170912n0329

3日前にムナグロキョウジョシギを撮った白砂の大村海岸も見えます。

Sendoffceremony20170912n0332

沖合いまで見送ってくれて、

Sendoffceremony20170912n0333

順番に船側に近付いて減速し、海中にダイビングをして見せてくれます。その都度、「オーッつ!」という歓声があがります。

Sendoffceremony20170912n0336

Sendoffceremony20170912n0344

海中からも手を振って「いってらっしゃーい!」、「またこいよー!」の声が、こちらからの「ありがとーう!」の返事が、いつまでも交差していました。

父島では、かがや亭で生ビールと冷やし中華を食べ、小笠原生協で缶ビールにチーズに島ドーナツにバナナにお弁当しか買わなかった私にとっては大変気が引けましたが・・・。

ありがとう。 聞きしに勝る感動シーンでした。

日焼けでひりひりする顔を擦りながら、グッと来るものをごまかしたのも、もう忘れてしまいましたよ。

帰りの航路では降雨もあり、鳥観を諦めて、船室で膨大な写真の整理に着手していました。

**********************************************************************

小笠原の連載を終えるにあたり、

今回のツアーは、天気が良過ぎて、亜熱帯性の高温多湿と照り付ける太陽、汗っかきの私にとっては灼熱地獄の旅とも言える旅でもありました。 ・・・が、多くの素晴らしい鳥友にお会い出来、そして、素晴らしい鳥達にも出会えた旅でもありました。

もう一度行く?」と聞かれたら、「是非に!」と答えるだろう旅でした。 ま、先立つ物もありますが。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

ちなみに、私が買った旅のお土産は、母島で買ったアカガシラカラスバトTシャツと、メグロピンバッチでした。 (全て私の個人用です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

甑島『鳥の観察会』に参加して

長々と連載(ここ数日は予約投稿ですが)して来ました甑島の野鳥は今回を持ちまして終了です。

既にお知らせしておりますように、今月14日に発って、15日~19日までの予定で舳倉島に出掛け、今しがた、自宅に無事帰還致しました。 成果ですか? 今後のブログにご期待下さい!

今日は、タイトルに有ります様に、甑島の最終まとめといたします。

未だ載せていない野鳥写真は2種。

Mejiro201704241096

バナナの花に止まるメジロと、

Suzume201704252839

Suzume201704252841

スイバの穂に遣って来たスズメぐらいですが、ホオアカ、猛禽類(ミサゴハヤブササシバノスリトビ)の他、アマツバメツバメも記録に残しました。

主に探鳥した手打地区には武家屋敷があり、

Samurairesidencestreet201704263174

その一角には、薩摩焼酎「甑州(そしゅう)」の造り酒屋も。

島の観光は殆んどしませんでしたが、

Cliffcoast170425_110249

ミサゴの営巣を見に行った島の西側の岸壁は、さんが「グランドキャニオン」と言うほどは無いとしても綺麗な場所でした。

Nagahamaport170425_060351

これは下甑島の長浜港

Ferryboat201704252179

Ferryboat201704252186

島の端を回り、串木野新港に向かう「フェリーニューこしき」。次の日、我々もこのフェリーで帰りました。

Sosyuu170428_093420

これは、下甑島のお土産の薩摩焼酎「甑州」ときびなごの燻製とオイル漬。美味でした。

**********************************************************************

余談を一つ、

フェリー乗り場で待つ間、缶ビールを買いに入った近くのスーパーに、チャリンコのおばさんが遣って来て、

おばさんいきなり店主に、「UFO来た?」 との問い。

エッツ! UFO? とうとう出たか!?

一箱入ったよ!」と、店主の返事。  

アッツ。

実は、「UFO焼きそば」のことでした。 人騒がせな甑島の人達でした。

**********************************************************************

話がすぐには終わらないのが旅というもの。

帰りのフェリーからの海鳥観察での出来事。小雨模様で途中までオオミズナギドリ等を観て引き上げたその後、港に近くなった最後の最後に80羽ほどのカンムリウミスズメの群が近くで観えたとか。 ショックでした。

私は旅でまた一つ勉強させられました「探鳥は、最後の最後まで諦めてはいけないのだ」、と。

名ガイドのさん、現地ガイドのさん、そして、今回のツアーでご一緒させていただいた皆さん、大変お世話になりました。 お礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

甑島『鳥の観察会』に参加して

A社が主催する (『鳥の観察会』 東シナ海第二の秘島 甑島 4日間)に鳥友2人と一緒に参加して来ました。

春の渡りの珍鳥狙いのツアーでしたが、久し振りの離島遠征でもありました。

撮影出来た野鳥は二十数種、ライファー2種の成果でしたが、ブログ掲載は明日からとして、今日は、久し振りの空路と陸路による鹿児島薩摩川内港までの道中を掲載致します。

羽田発10:00 ソラシドエアB737-800、ツアーらしく最後部座席の窓際(指定?)席。

如何に視界が良かったか、御見せ致しましょう。

Fujisan170423_102730

眼下には雪を被った富士山が! 地元湘南の地も手に取るように見えましたが、電子機器使用可のアナウンス前。

Birdseyeview170423_102716

Birdseyeview170423_102807

八ヶ岳も南アルプスも、

Birdseyeview170423_103050

中央アルプスも望め、

Birdseyeview170423_104100

伊勢湾に浮かぶセントレアも、学生時代に遊んだ知多の海岸も・・・。「野間の海岸では今でもワタリガニナマココノハガレイは獲れるんだろうか?!」

Birdseyeview170423_104414

紀伊半島上空です。 帰省途中によく寄る三重の安濃川や雲出川の河口部も望めました。 「珍しいシギチが入っているかな?」

Birdseyeview170423_110640

四国は高知の室戸岬

Birdseyeview170423_111618

そして、足摺岬。 一昨年廻った四万十川の河口部が望めました。 「この写真の中にヤイロチョウが映っているかな?」とは、同行の鳥友 S さんと交わした大冗談。

鹿児島空港から薩摩川内港までは貸切バス。 高速道路も整備され、17年前の出水遠征時とは大違い。

薩摩川内港到着後に港周辺で探鳥をするも成果無し。入港して来た釣り船の成果はどうも大漁の様子。

Ishidaifisherman201704230962

斑の消えた大きな石鯛2匹!

Ishidaifisherman201704230967

顔入りでのブログ掲載を快諾してもらえた薩摩の太公望。

当日の夜は、石鯛の刺身で美味い薩摩焼酎をあおったのかな?

何のブログか分からなくなってしまいましたな。

最後に鳥を・・・・・。

Kazamidori201704230961

高速船乗り場の屋根にあった風見鶏です。

明日からは、甑島の野鳥(野鳥名)をタイトルに下甑島で撮った野鳥種を連続または断続的に掲載致します。ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

九州諫早湾干拓地への遠征

久し振りのブログです。

先週の日曜日から3泊4日で九州は長崎県諫早市の干拓地に遠征して来ました。

狙いは、6年連続して渡来しているナベコウ(昨年の1月下旬に九州西側を縦断した撮影行の際に探して見付けることが出来なかった難敵)でした。

帰省している岡山の実家から距離にして片道約550km、7時間のドライブです。途中、山口のきらら浜に寄って休憩し、諫早湾干拓地(中央干拓に着いたのは午後2時を回っていました。

ナベコウ探しは地元のバーダーの方達にお尋ねするのが一番。それには、土手上で葦原を飛ぶハイイロチュウヒを狙われているカメラマンの方達をと、ハイチュウのポイントに急行しました。

Haiirotyuuhi969320161113

北部排水門の前に広がる葦原の上を飛ぶハイイロチュウヒ

当日親子連れのナベコウを観たとおっしゃる親子連れのバーダーの方にポイントを教わり、明日から虱潰しに捜しまくる目当ては付きましたが、明日(14日)は残念ながら雨模様。

68年ぶりに大接近するスーパームーンも観えそうにありません。

Isahayakantaku0008020161113

雲仙岳の東に月が顔を覗かせましたが、

Suppermoon980020161113

明日がスーパームーンです。

さて、明日からナベコウ探しが始まります。

次回からは、ナベコウ探しの中で撮影した諫早湾干拓地の野鳥達を掲載の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

雨に煙る三番瀬のシギチ

関東に帰って来ても秋雨前線の影響で雨日和。

秋のシギチの渡り時期にこの長雨とは・・・。

貰った情報では、東京湾舟橋三番瀬にはそこそこのシギチが出ているとか。でも、潮を考えると学校の夏休みが明ける今週前半がベストのようでした。

早速、鳥友Sさんを誘うと翌日即決行に返事。干潮6時前を考慮して7時半に三番瀬に到着しました。

Sanbanse765920150831

潮干狩り用の柵の上ではダイゼンの群れやサギ類が干潟の露出を待っています。

Sanbanse791620150831

潮が引いてくると沖合いに出来た浅瀬にミヤコドリも遣って来ました。

Ajisashi790920150831

アジサシも居ます。

Hamashigi764420150831

浜では未だ夏羽の残るハマシギの群れや、

Miyubishigi781120150831

ミユビシギの群れの姿も確認出来ます。

Oosorihashishigi808920150831

大潮で広大な干潟が覗く時間となると、アサリを漁る潮干狩り客も増えて来て、餌を漁るシギチ類との同居の光景が見られます。

これは夏羽の残るオオソリハシシギです。

霧雨の降るどんよりとした曇りの日でしたが、午前中一杯、十数種のシギチの撮影を楽しんで来ました。

(撮影日:2015.08.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

鳥枯れにつき

近所のツバメの巣では3番子が巣立ち、早朝の電線には群の姿が目立つようになって来ましたが、目下鳥枯れの状況でしょうか? いつもいただく関東の鳥情報も先月以来休止状態で、鳥枯れの状況です。

行方不明の鳥取のアネハヅルの情報も途絶えてしまいました。

と言うわけで、ふざけたタイトルになってしまいました。

しかし、 いやー暑い! とにかく暑い!

岐阜県多治見市で39.9℃を記録した一昨日、郷里岡山のT市では、37.7℃。 もう何をするにも気力が湧きません。

そんな中、いつもの潮干狩り仲間の老夫婦に誘われて、夕涼みがてら県南の瀬戸の浜に出掛けて来ました。

Seto20150801_1

干潮は18時、潮位は15cm程度と潮干狩りには打って付けのコンディション。狙うは美味なオオノガイです。

潮吹きを確認してその場を掘りますが、瓦礫の浜を相手ですので力が入ります。

Oonogai20150802

約2時間の成果ですが、今回は先日の1/2の漁獲量。 涼しい潮風に当たりながら、この成果ですので万事好しと致しましょう。

Seto20150801_2

日没と共に引き上げましたが、浜も鳥枯れ?で、鳥影はアオサギ位でした。

成果のオオノガイですか? 旧盆に帰省してくれる妻の酒の肴にと、昨日スチームドクラムにして冷凍にしました。美味しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

鴨のハイブリッド2種

今日は隣町まで確定申告に行って来ました。

何をするにも我がH市には無いものが多くて、隣町の施設で済ませることが多いのが偶に傷です。

労基署も税務署も無く(本当は無いほうが良い?のですが)、公共の病院の産婦人科も無くなってしまうような田舎町です。実は、次女が里帰り出産をするのですが、隣町の病院に行かなくてはならず、これじゃ里帰りどころではないのです。

市の中央を流れる川には水も無いのですが、野鳥の数は結構多くて、平素はそれなりに満足しています。

さて、本題に入ります。 道東の写真整理が捗らず、今日も在庫の中から今月半ばに撮った鴨の交雑種と思われるハイブリッド2種をアップいたします。

Kogamo223920150212

これはニシセグロカモメ を撮った県央の沈殿池に居たコガモ。体側に白線が無いコガモです。顔付きとメス同伴からしてオスの成鳥のようです。

Kogamo224620150212

コガモは水平な白線。アメリカコガモは垂直の白線が見えるのですが、このコガモには白線が無い。 賭ければ無くなる?という理屈が存在するならば、コガモアメリカコガモの交雑体かも知れません。

そしてこの鴨は、

Karugamomagamo296320150216

カワウを撮った駅裏の湧水池に居た明らかにカルガモマガモの交雑体です。

Karugamomagamo298320150216

翼の色は双方良く似ているのですが、

Karugamomagamo305620150216

胴体の羽色はマガモが強く、頭の羽色は完全混合で、嘴はカルガモが強いという個体です。

この池にはカルガモマガモも住み着いていますが、カルガモと行動を共にしていましたので、父親がマガモ、母親がカルガモなんでしょうね。

明日からは北海道シリーズの始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼