2018年2月21日 (水)

山の水場のアカウソ

今日の野鳥は亜種アカウソです。

今年もウソ)が山の公園に入ったとの情報を貰っていて、連雀レンジャク)の帰りに寄ってみました。

Akauso201802139817

Akauso201802139819

胸がかなり赤いアカウソの雄鳥です。

Akauso201802139622

こちらは、の花芽を一心に啄ばむアカウソの雌鳥。

Akauso201802139625

アカウソの特徴である尾羽裏の白斑が観える雌の個体です。

Akauso201802139642

Akauso201802139682

以下は、お馴染の水場のシーンですが、今季初撮りのアカウソを楽しみました。

Akauso201802139727

Akauso201802139747

Akauso201802139753

Akauso201802139784

Akauso201802139812

快晴でコントラストが強く、バックの明暗と鳥の立ち位置に苦労致しました。

(撮影日:2018.02.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

我が町に来たヒレンジャク

今日の野鳥はヒレンジャクです。

レンジャクの渡来で知られた我が町のとある神社に、今年もレンジャクが入りました。今年は当たり年のようで、3年ぶりの飛来に出掛けてみました。

Hirenjyaku201802150172s

の枝に止まり、ヤドリギの種の糞を垂らすヒレンジャク。お馴染のシーンです。

先日までキレンジャクも混じっていたそうですが、この日は観えませんでした。

Hirenjyaku201802150242

Hirenjyaku201802150198

高ぁーい木の上に寄生したヤドリギの実を食べに集まって来ます。

Hirenjyaku201802150182

これは、俄仕立ての水場に降り立ったヒレンジャク。喉が渇くようで、

Hirenjyaku201802150275

近くの菜園の水溜めに降りて来て、害獣除けのネットに止まりましたが、近くて、後退りして何とか画角内に収めました。水が飲みたかったのですね?

Hirenjyaku201802150281

Hirenjyaku201802150297

喉の輪郭が薄く、下尾筒が褐色で、初列風切の白い斑と次列風切先端の色から雌の若鳥(第1回冬羽)としましたが、如何でしょうか?

下は、菜園の水溜めの周辺を飛び回るヒレンジャク

Hirenjyaku201802150305

Hirenjyaku201802150306

群で飛び回り、

Hirenjyaku201802150321

近くの木立に止まった群を数えると、9羽の群でした。

(撮影日:2018.02.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

ハヤブサの飛翔姿

今日の野鳥もハヤブサです。

猛禽街道」のハヤブサでしたが、オオタカの若鳥を追い払った後、また舞い戻って来て、誇らしげに目の前を飛翔してくれました。

Hayabusa201802099347

青空をバックに連写したハヤブサの勇姿をご覧下さい。

Hayabusa201802099355

Hayabusa201802099358

Hayabusa201802099359

Hayabusa201802099360

Hayabusa201802099362

Hayabusa201802099363

Hayabusa201802099364

Hayabusa201802099365

Hayabusa201802099366

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

猛禽街道の隼と大鷹

今日の野鳥はハヤブサオオタカです。

我が町と隣の町を結ぶ郊外のとある街道、この街道を勝手に「猛禽街道」と呼んでいます。これまでに、亜種チョウセンチョウゲンボウを初め、オオタカノスリハイタカチョウゲンボウはもとより、毎年、ハヤブサが居付いて狩場にしている街道です。

今季は姿を見せず、心配していた矢先、

Hayabusa201802099229

街道脇のいつもの電柱にその姿を見付けました。

Hayabusa201802099236

体色からして昨季と同じ個体の様です。

Hayabusa201802099249

Hayabusa201802099250

Hayabusa201802099263

羽繕いをして、

Hayabusa201802099283

脱糞をした後に、

Hayabusa201802099291

Hayabusa201802099298

ドバトの群の居る方向に飛んで行きましたが、狩ではないようでした。

暫く行方を追っていると、

Hayabusa201802099299

はるか遠くで、他の猛禽とバトルを始めました。

Hayabusa201802099300

Hayabusa201802099301

モニターで確認すると、相手はオオタカの若鳥のようです。

Hayabusa201802099302

Hayabusa201802099303

オオタカの退散を確認して

Hayabusa201802099306

戻って来ましたが、縄張りに侵入して来たオオタカの若を追い払ったシーンでした。

餌となるドバトムクドリスズメ等の多い街道筋ですので、今後が期待出来そうです。

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

その後のトモエガモ

今日の野鳥はトモエガモです。

山の谷間でルリビタキベニマシコにお相手してもらった帰り、暮れにトモエガモが入っていた調整池を覗いてみました。

Tomoegamo201802099054

健在でしたが、まだ脇腹に褐色羽が残っていました。どうも、この個体は第1回冬羽の雄の若鳥の様ですね。

Tomoegamo201802099078

Tomoegamo201802099089

Tomoegamo201802099102

散歩の親子連れが給餌するパン屑には見向きもせず、泳ぎ廻ってはくれましたが、飛んだり跳ねたりといった期待したパフォーマンスは何も披露してくれず、

仕方なく、

Tomoegamo201802099067

Tomoegamo201802099070

Tomoegamo201802099077

冬季オリンピック種目のボブスレーで有名なジャマイカの国旗に似た、派手さのある後頭部を撮って撤収致しました。

Tomoegamo201802099100

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

1羽で居たベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコ♂です。

氷上のルリビタキを狙って訪れた谷間の斜面に、1羽の赤いベニマシコの雄鳥が出て来ました。

Benimashiko201802098754s

2週間前に雪の林道で会ったばかりですが、ここでまた会うとは、今季は多いのかな?

それとも、大雪のせいなのかな?

Benimashiko201802098836

Benimashiko201802098881

Benimashiko201802098930

青いルリビタキ♂を追いながら、赤いベニマシコ♂を追うと言った、まさに一石二鳥の撮影行でした。

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

氷上のルリビタキを求めて

今日の野鳥はルリビタキ♂です。

何年も前のことになりますが、山の自然保護センターの谷間の池が凍り、その白い氷上で採餌するルリビタキ♂を撮ったことがありました。

寒波襲来の今季も、その氷上のルリビタキが狙えるとの情報を聞いて出掛けてみました。

Ruribitaki201802098735

この谷間には数個体のルリビタキが居る様でしたが、CMが多かったせいか、薄氷が張った池にはなかなか降り立ってはくれず、

Ruribitaki201802098783

Ruribitaki201802098817

氷絡みはこの2枚のみ。weep

それでも、今季未だ撮れていなかった

Ruribitaki201802098793

Ruribitaki201802098936

背打ちの写真が撮れました。

Ruribitaki201802098798

Ruribitaki201802098959

ここのルリビタキ♂は、当分遊ばせてくれそうですよ。

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

安濃川河口のミサゴ

今日の安濃川河口の野鳥は、最終回のミサゴです。

到着した河口には4、5人のCMが居られ、お聞きすると、ミサゴの狩り(飛び込み)を狙われているのだとか。

適当な距離のある河口は、絶好のミサゴの撮影ポイントの様です。

Misago201801185353s

ウミアイサを撮っていた時にミサゴが上空を飛びましたが、そのまま沖合いに飛び去りました。

川面に沢山居るカモ達は、襲われないことを知っていてか身動ぎせず、上を見ていないとミサゴの到来は分かりません。

この日は出が悪かったのかミサゴ狙いの皆さんが引き上げた、その直ぐ後に、

Misago201801185463

沖合いから大物を掴んだミサゴが戻って来ました。

Misago201801185474s

Misago201801185476s

Misago201801185491s

大きなボラを掴んでいます。

雄鳥の様です。

先ほどまでCMが並んでいた堤防の先を、これ見よがしに旋回して、

Misago201801185500

Misago201801185504s

Misago201801185516

西の山手の方角に飛び去りました。

ボラは脂が乗って旨いんですよね。wink

そして、その後、四半時も経たない内に、

Misago201801185752

Misago201801185753

Misago201801185754

小振りの魚を掴んだもう1羽のミサゴが目の前を横切りました。

川の上流で狩りをした様でした。 胸の黒さから、この子は雌鳥でしょう。

遮る物が何も無い河口、じっくり待てばさぞかし良い写真が撮れるのでしょうね。

(撮影日:2018.01.18)

今回を持ちまして、途切れ途切れに長々と掲載致しました安濃川河口シリーズを終了致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

安濃川河口のその他の野鳥達

今日の安濃川河口の野鳥は、「その他の野鳥達」と題して、数種を掲載します。 

Yoshigamo201801185340

毎年1羽で居るヨシガモ♂。

Hajirokaitsuburi201801185520

Hajirokaitsuburi201801185523

このハジロカイツブリも常連です。

Okayosigamo201801185568

何故か日陰に群れるオカヨシガモ達。

Segurokamome201801185661

珍種を期待したセグロカモメと、

Yurikamome201801185792

これまた常連のユリカモメです。

浜に沢山居た、カワウハシボソガラスハシブトガラス、それに、ヒヨドリムクドリスズメ達等には遠慮していただきました。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

安濃川河口のオナガガモ

今日の安濃川河口の野鳥はオナガガモです。

淡水域ばかりと思いきや、沖合いを群飛するオナガガモの姿に驚かされることがあります。

Onagagamo201801185395

Onagagamo201801185397

Onagagamo201801185399

沖合いから戻って来た雄鳥です。 スリムで綺麗な飛翔姿です。

下は、雌鳥2羽の飛翔姿ですが、

Onagagamo201801185787

Onagagamo201801185788

雌鳥もシックで綺麗ですね。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

安濃川河口のマガモ

今日の安濃川河口の野鳥はマガモです。

河口の淡水域にも海岸沿いの海水域にも数羽のマガモの群が居ました。

Magamo201801185388

Magamo201801185390

はにかむ(?)雌鳥に寄り添う雄鳥。

私にもこんな経験があった様な・・・。 遠ぉ~い記憶の中に残る光景でした。lovely

相手は誰だったかなぁ・・・・・・? coldsweats01

 

おっと、飛翔写真でしたね。happy01

Magamo201801185768

沖合いから帰って来たマガモ♂です。

(撮影日:2018.01.18)

**********************************************************************

下は、先日、県央の山の池にトモエガモの様子を確認に行った際に観た

Magamo201802099200

マガモのペアーの擬似交尾シーンです。

まだまだ寒い日が続きますが、もうすぐ春なんですね?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログデザイン変更(パーツ追加)

当ブログの表紙デザインの小変更を致しました。

数日前にアクセスカウンターの数値が減じるというアクシデントが再発(再々再発)しまして、クレームを付けたものの、未だに改善も、「ココログからのお知らせ」にも表記されない様な問題のあるブログですが、長年有料で継続してきたブログで、他に引越しもままならない現状に憤懣遣る方無しと言った状況です。

ま、それはそれとして置いといて、

拙いブログの表紙を見ていて、ブログパーツを入れ替えて、新規とは行かないまでも小変更で、当面の憤懣抑制と気分転換をしようと思い付きました。 暇なんですよ。happy01

下記が追加したblogparts.com さんからの無料ブログパーツです。

  1. カメラ用語辞典(左下に設置) * 松永あたる氏著作の辞典!
  2. 日めくりカレンダー(右上に設置) * 「計算」が面白い!
  3. 時刻(デジタルからアナログへ) * さよちゃん作成の国鉄標準型時計

ブログご訪問の際、もしお時間がありましたら遊んで行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

安濃川河口のホオジロガモ(飛翔姿)

途中割り込みを入れて中断しておりました安濃川河口の野鳥シリーズを再開いたします。 既に3週間以上も経ってしまって新鮮味に欠けますが、まだ賞味期限は過ぎていないと思います。

今日は、ホオジロガモの飛翔シーンです。

先ずは、雄鳥の飛立ちシーンから。

Hoojirogamo201801185534

Hoojirogamo201801185535

Hoojirogamo201801185536

Hoojirogamo201801185538

Hoojirogamo201801185539

Hoojirogamo201801185542

Hoojirogamo201801185544

次は、雌鳥の飛翔姿。

Hoojirogamo201801185410

Hoojirogamo201801185412

最後は、沖合いから戻って来た雄鳥の飛翔姿です。

Hoojirogamo201801185546

Hoojirogamo201801185548

背打ちの飛翔姿も綺麗ですね!? 白黒の羽色に頭部の濃緑青色の輝きがアクセントです。

Hoojirogamo201801185551

上流に向け川面を駆け上るホオジロガモ♂。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

ウォーキング途中で会った野鳥達

今日の野鳥は、ウォーキング途中で出会った山の公園の野鳥達です。

先月の末日、山の公園で最初にトラツグミに逢って最後に再び出会うまでの小一時間、隣り合う小山の山頂周辺を歩き回って探鳥しました。

Tsugumi201801318365

最近、鬱蒼としていた木立が間伐され、散策路からの遠望は良くなりましたが、野鳥達に大きな影響がなければ幸いです。

上は、新しい切り株に止まっていたツグミです。

Jyoubitaki201801318369

これは広場のケーブルに止まった水場の常連のジョウビタキ♀。

鳥影の少ない日でしたが、

Kogera201801318383

カラの混群の中に1羽のコゲラの雄鳥が混じっていました。

下は、展望台から望む秦野市街と富士山、箱根連山の遠景です。

Panoramafromgongenyama

愛機ガラパゴスで撮った写真をパノラマ合成したものです。ウォーキングにはコンデジも持って行くようですね。

(撮影日:2018.01.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

今季初撮りのトラツグミ

今日の野鳥はトラツグミです。

ウォーキングを兼ねて山の公園に出掛けてみました。

山道を入るとすぐにトラツグミが出て来ました。 今季も数個体が入っていると聞いていたトラツグミでしたが、まだ逢えずにいました。

Toratsugumi201801318227

嬉しいかな、いきなりのストレッチで迎えてくれました。

Toratsugumi201801318238

至近で採餌を始め、イッスンムカデ一寸百足)を落葉の中から獲り出しました。

Toratsugumi201801318335

これは草の実。

Toratsugumi201801318359

暫く遊んでくれて、当日の主目的であるウォーキングに。

小一時間ほど山道をしっかりと徘徊して戻って来ると、まだ居ました。

Toratsugumi201801318402

何んと! 至近2mまで近寄って来て・・・、こんな感じ。

目の中に立木の間からカメラを向ける私の姿が写っています。happy01

暫くして、下の蜜柑畑に飛んで行き、

Toratsugumi201801318425

枝止まりを撮らせてくれました。

Toratsugumi201801318443

毎年、この姿を観ると何故かホッとしますね。

(撮影日:2018.01.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

黄金色の水面を行くミコアイサ

今日の野鳥はミコアイサ♀です。

メジロガモ♂とクビワキンクロ♀の居た公園の池に、1羽のミコアイサの雌鳥が居ました。

Mikoaisa201801298159

斜陽を受けた葦原が黄金色に染める水面を、何処に行くのか、すいすいと泳ぎ抜けて行きました。

Mikoaisa201801298167

Mikoaisa201801298171

Mikoaisa201801298182

Mikoaisa201801298189

Mikoaisa201801298198

Mikoaisa201801298201

下は、羽ばたきをするミコアイサ

Mikoaisa201801298016

Mikoaisa201801298017

雌でも「シャンシャン」に劣らず可愛いものです。coldsweats01

(撮影日:2018.01.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

超珍鳥のツーショット

今日の野鳥は、クビワキンクロ♀とメジロガモ♂です。

アリスイを撮った足で、メジロガモが戻って来たと聞いていた同じ横浜の公園の池に行きました。この池には、クビワキンクロの雌鳥も入って来ていて、望む楽はツーショットをと甘い期待を持って望みました。

ベーリング海を境に、東のクビワキンクロと西のメジロガモ。どちらも、日本の図鑑の解説に寄れば、「ごく少ない迷鳥」とか「稀な冬鳥」との説明が付く、スズガモ属の超珍鳥です。

現地でお会いした鳥友Tさんと、探すこと暫し、

Kubiwakinkuromejirogamo201801297972

Kubiwakinkuromejirogamo201801297981

Kubiwakinkuromejirogamo201801297983

遠くに、その超珍鳥2羽の姿を発見!

正に証拠写真でしたが、今季、此処でしか撮ることの出来ないツーショットでしょう。

Kubiwakinkuro201801298000

Kubiwakinkuro201801298005

遠くを泳ぐクビワキンクロ♀。 この後、潜ったきり行方不明。 隣のCM曰く、溺れたのでは?happy01

下は、羽色が濃くなった(?)メジロガモ♂の羽ばたきシーンです。

Mejirogamo201801298081

Mejirogamo201801298084

Mejirogamo201801298087

Mejirogamo201801298088

Mejirogamo201801298089

スズガモ属には偶に交雑体が見られます。 この異種同士の雌雄同士、ハイブリットは如何なものでしょうか?

(撮影日:2018.01.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

冬の舞岡公園の野鳥達

今日の野鳥は、冬の舞岡公園で撮った野鳥達です。

以下、アイウエオ順に。

谷戸の奥で採餌するアリスイを観ていたら、

Aogera201801297600

アオゲラ♂が姿を見せました。距離40mはあったでしょうか?

Gabichou201801297614

これはご存知、外来種のガビチョウ。増えては居ないのでしょうかね?

Kawasemi201801297681

カワセミも雪解けで濁った池や氷の張った池では採餌が出来ないようで・・・

Ban201801297628

の湿地を歩くバン。幼鳥でしょうね。

Mejiro201801297610

そして最後は、ツルウメモドキの実を食べに遣って来たメジロです。

この日は、残念ながらヤマシギには逢えませんでした。

**********************************************************************

下は、公園入口の広場に居た外来種のタイワンリスです。

Taiwanrisu201801297688

Taiwanrisu201801297704

Taiwanrisu201801297730

Taiwanrisu201801297738

先日の大雪でひもじい思いをしたのか、4匹で一心に食事をしていました。

(撮影日:2018.01.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

舞岡に舞い戻った(?)アリスイ

今日の野鳥はアリスイです。

先週の月曜日、これまたウォーキングを兼ねて、横浜方面の探鳥地に出掛けてみました。

先ずは、ヤマシギアリスイが出ていると聞いていた舞岡公園に。

ここ数年、姿を見せなかったアリスイでしたが、ポイントに到着すると、大勢のCMが大砲で狙うその先の

Arisui201801297528s

杭の上にアリスイが止まっていました。

ここ舞岡では久し振りのアリスイに、少しふざけたタイトルを付けました。coldsweats01

Arisui201801297533

Arisui201801297537

Arisui201801297539

Arisui201801297543

餌場から飛んで来て止まったそうですが、暫く休んで、

Arisui201801297555

まだ雪の残る刈り倒されたの山を物色して

Arisui201801297584

谷戸の奥の餌場としている切り株に戻って採餌を始めました。

以前の個体とは異なるのでしょうが、舞岡名物アリスイの復活となれば良いですね。

(撮影日:2018.01.29)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

採餌する雌雄のベニマシコ

今日の野鳥もベニマシコです。

雪の林道のベニマシコは、枝被りが少なく、お蔭様でショット数が上がりました。

ベストショットとは行きませんでしたが、残りの写真を「採餌する雌雄のベニマシコ」と題して掲載致します。

Benimashiko201801277197s

先ずは苦心したコントラストの強い一枚から。

Benimashiko201801277360

山吹の小さな芽を食べるベニマシコの雌鳥。

Benimashiko201801277403

Benimashiko201801277406

シックな冬羽の雄鳥。

Benimashiko201801277446

Benimashiko201801277457

Benimashiko201801277501

食べているのは一年草の種子の様ですが名前が分かりません。

Benimashiko201801277490

Benimashiko201801277494

餌に取り付く姿を観ていると、「猿子」と名付けた由来が分かる様な気がします。

(撮影日:2018.01.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

日向の枝先に出て来たベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコです。

積雪の残る林道脇のブッシュに、雄鳥2羽、雌鳥3羽のベニマシコが居て、

Benimashiko201801277316

いつも枝被りばかりのベニマシコでしたが、珍しく、日向の潅木の枝先に出て来てくれました。

Benimashiko201801276541

小さな芽をつけた山吹の細い枝先に出て来たベニマシコの雌鳥。

Benimashiko201801276592

赤い雄鳥も好いですが、シックな装いの雌鳥もなかなかのものです。 英名の Long-tailed Rosefinch が示す様に、長い尾羽が特徴ですね。

Benimashiko201801277102

Benimashiko201801277086

何の木なのか分かりませんが、青空バックに雌雄見上げの写真です。

Benimashiko201801277285

Benimashiko201801277321

Benimashiko201801277380

白い雪の上に降り立つ赤いベニマシコを撮りたかったのですが・・・

Benimashiko201801277343

雪解けのアスファルトが露出した林道に降り立った姿だけに終わりました。

Benimashiko201801277438

Benimashiko201801277506

何時になく羽色が綺麗なのは、林道に積もった雪がレフ板の役目をしているからです。雪の日の効果はここでもありました。

明日は、雌雄の採餌のシーンを。

(撮影日:2018.01.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

雪の林道脇に出たカヤクグリ

今日の野鳥はカヤクグリです。

雪の林道でルリビタキ♂の御出座しを待っていると、至近の距離にカヤクグリが出て来ました。

Kayakuguri201801276710

ピントが合いません。すぐにフォーカス制限スイッチをFULLに戻し、やっとのことで間に合いました。coldsweats01

Kayakuguri201801276712

雪に埋もれたブッシュの中から出て来たようでした。

Kayakuguri201801276751

カヤ)の穂が落ちた苔生した石崖に止まり、

Kayakuguri201801276805

Kayakuguri201801276924

Kayakuguri201801276942

Kayakuguri201801276954

採餌に余念がないようで、

Kayakuguri201801276962

残雪の上に降り立ってくれたのは一度だけでした。

(撮影日:2018.01.27)

**********************************************************************

下は、昨夜の皆既月食

ずり落ちて来るズームレンズを手で止めながら撮影した失敗作です。coldsweats01

Superbluebloodmoon201801318523

2018.01.31 22:05

Superbluebloodmoon201801315087

2018.01.31 23:04

日本では約36年ぶりとなる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」とか。

しかし、ズームレンズの最遠端にもストッパーを付けて欲しいものですな。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

ヌルデの実を食べるルリビタキ

今日の野鳥はルリビタキです。

雪の残る林道脇に、未だたわわに実を残すヌルデの木がありました。

その実を求めて、ルリビタキ♂が10分間隔で遣って来て、

Ruribitakai201801276995s

ショータイムを繰り広げてくれました。

ヌルデの実は、塩辛く、別名シオノキとも呼ばれるそうです。 野鳥に味覚が有るのかどうかは知りませんが、シロハラメジロ等も啄ばみに遣って来ます。

Ruribitakai201801276665

Ruribitakai201801276666

Ruribitakai201801276672

美味しそうに啄ばみます。

Ruribitakai201801276700

Ruribitakai201801276975

Ruribitakai201801276978

ホバリングを狙って頑張りましたが駄目でした。

Ruribitakai201801277002

聞くところによると、他の木の実が食べ尽くされて少なくなってから、ヌルデの実に遣って来るのだとか。 じゃあ!野鳥は味が分かるのかな??


(撮影日:2018.01.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

ハンノキに遣って来たヒガラ

今日の野鳥はヒガラです。

3日前の先週末、ウォーキングを兼ねて雪の残る林道を探鳥して来ました。

所により30cm以上残る積雪の林道を、車(保安車?)の轍を頼りに進みます。絶好の日並みですが、気温は上がらず、林道の雪は解ける気配なし。

鳥影は少ないようでしたが、

Higara201801276494

先ず出迎えてくれたのはヒガラでした。ハンノキの実に遣って来たヒガラですが、晴天の青空の下、日を浴びたヒガラ日雀)の小さな姿は可愛いものです。

小さな冠羽に後頭部の白い羽毛が観えます。

Higara201801276501

ハンノキの雄花にぶら下がるヒガラ

Higara201801276644

Higara201801276646

大写しですが、尖がり帽子に黒いエプロン。この顔を見るたびに、鵜匠の姿を思い出すのは私だけでしょうね。?coldsweats01

Higara201801276649

これは何の木でしょうか? 殻を破って小さな種子(?)を啄ばみました。

下は、当日の林道(早戸川林道)の風景です。

Hayatogawarindou20180127_130619

Hayatogawarindou20180127_130404

この前の首都圏をマヒさせた大雪。県北の山間も結構降ったんですね。

(撮影日:2018.01.27)

***************************************************************************************

以下余談です。

正月開けからウォーキングを開始しました。 「あなたは『メタボリックシンドローム』です。」との、市の特定健康診査の結果が送られて来て、市職員、並びに、市の機関を煩わせることなく、独自に始めたウォーキングです。

毎日、小一時間。 近くの緑地のトレイルや南に広がる丘陵をせっせと歩きます。

下は、ウォーキング途中に撮影した丹沢山塊の表尾根と秦野市の街並みです。

Tanzawapanorama

(Adobe Photoshop ElementsでのPanorama合成です。)

春先から帰省して、菜園作業を始めると、元の見違えるような身体つきには戻るのですが・・・、ウォーキングも良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

幸運の白い鳩?

今日の野鳥は、真っ白いドバトカワラバト)です。

隣町の郊外、MFとしている田園地帯の一角に、生コン工場があり、その周辺には百数十羽のドバトの群と、ムクドリの群が集団を構えています。

それらを目当てに、ハヤブサチョウゲンボウノスリオオタカ等の猛禽が遣って来て、側を走る県道脇の電柱に姿を見せます。(我々、極一部のCMが「猛禽街道」と呼ぶ所以でもあります。coldsweats01

Dobato201801256184

百数十羽のドバトの群飛ですが、右手前方に白いドバトが見えます。

Dobato201801245800

ほぼ真っ白なドバトです。

Dobato201801245823

Dobato201801245825

目も黒く、アルビノ種でもない様です。

Dobato201801245827

ドバトは羽色の個体変異が多く、群の中にも様々な羽色をした個体が居て、自然繁殖したドバトである可能性もありますね。

Dobato201801245850

Dobato201801245853

田圃に降り立つドバトの中には、足環を着けた伝書鳩出身の個体も多く観られ、この真っ白いドバトも、何処かの結婚式のイベント等から抜け出て来た遊戯団、または、楽団出身の美女かも知れませんね。happy01

白い鳩は幸運の前兆!」とか言われているそうですが、少なくともこの6日間ほど、私の身の上に幸運など、特に何も無かった様な・・・・・?coldsweats01

(撮影日:2018.01.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

至近5mのトラフズク

今日の野鳥はトラフズクです。

隣町にある県立の園芸施設の植込みに、トラフズクが塒を取っているとの情報を貰い、アカガシラサギを撮ったその足で寄ってみました。

Torafuzuku201801256231

Torafuzuku201801256250

近い!至近5m。 ズーム最小端の200mmでも勝負になりません。 野菜の収穫体験に来られたお子さん連れの奥さん達がスマホで撮影して往かれます。coldsweats01

大寒波襲来の折、当のトラフズクは日向ぼっこでしょうか? 日向に出ずっぱり。 これでは眩しくて・・・、どうりで両目をパッチリとは開けてくれませんでした。

Torafuzuku201801256262

Torafuzuku201801256274

全身撮影は諦めて、顔のアップに切り替えました。

Torafuzuku201801256347s

Torafuzuku201801256353s_2

Torafuzuku201801256413s

Torafuzuku201801256419s

アハハ! ひょうきん顔です。

Torafuzuku201801256454s

Torafuzuku201801256488s_2

動物園でもこんなに近くでは撮れません。 フクロウカフェぐらいかな(花菜)?

(撮影日:2018.01.25)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

MFに遣って来たアカガシラサギ ②

今日の野鳥も、MFに遣って来たアカガシラサギです。

Akagashirasagi201801256119

水路から飛び出したアカガシラサギは近くのホーレンソウ畑に降り立ち、

Akagashirasagi201801256144

Akagashirasagi201801256146

また飛んでは、

Akagashirasagi201801256161

ビニールハウスの前に・・・、

Akagashirasagi201801256171

Akagashirasagi201801256174

かなり広範囲を飛び回って採餌をしているようでした。

春先まで居てくれれば、綺麗な夏羽が観られるかも知れませんね。

(撮影日:2018.01.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

MFに遣って来たアカガシラサギ

今日の野鳥は、安濃川河口シリーズを少しお休みして、近くのMFに遣って来たアカガシラサギです。

郷里岡山への短期帰省等で、年末以来出掛けていなかったMFに、冬羽のアカガシラサギが出ているとの情報を貰い、大寒波到来の昨日、出掛けてみました。

Akagashirasagi201801255959

塒としている木立から田の畦に飛び出したアカガシラサギです。

細い水路で採餌をしている様で、周辺を飛び廻っては神出鬼没の状況が続き、

その内に、少し深めの水路に降り立ったところを見付けました。

Akagashirasagi201801255983

暗い水路でした。 

Akagashirasagi201801255992

Akagashirasagi201801255998

Akagashirasagi201801256009

氷点下となった当日の朝、田の脇の側溝には氷が張り、ゆるい流れのある水路での採餌としたのでしょうが、残念ながら餌を獲った様子はありませんでした。

Akagashirasagi201801256019s

暫くして、

いきなり飛立ちましたが、カメラで追うのがやっと、

Akagashirasagi201801256031

手持ちの速写で連写した内の、偶々画角に収まったノントリの一枚です。

(撮影日:2018.01.25)

下は、アカガシラサギの出たMFから望む当日の富士山。

Fuji201801255976l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

安濃川河口のホオジロガモ

今日の安濃川河口の野鳥は、ホオジロガモです。

河口域に10羽ほどの群が居て、雌鳥を囲んで雄鳥達の求愛のデモンストレーションが繰り広げられていました。

Hoojirogamo201801185137

首を伸ばすもの、仰け反って天を仰ぐもの。ホオジロガモの求愛行動は特異です。

Hoojirogamo201801185235

こちらは何とか雌鳥を射止めた(?)もの。

Hoojirogamo201801185240

そして、こちらは雌鳥に振られた(?)2羽。

Hoojirogamo201801185247

Hoojirogamo201801185249

射止めた雄鳥の最後の仕上げ(?)でしょうか?

Hoojirogamo201801185533

雄のホオジロガモ。 残念ですが、近くを泳いではくれませんでした。

明日は、ホオジロガモの飛翔シーンです。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

安濃川河口のウミアイサ(飛翔姿)

今日は、ウミアイサの飛翔シーンです。

間近で観るウミアイサの飛翔姿は、それは綺麗なものです。

Umiaisa201801185723

Umiaisa201801185724

Umiaisa201801185726

雄鳥と、

Umiaisa201801185627

Umiaisa201801185631

雌鳥。 早めに見付けて、後追いにならない様に気を付けました。

次は、後追いとなった雄鳥の着水シーンです。coldsweats01

Umiaisa201801185678

Umiaisa201801185683

Umiaisa201801185684

Umiaisa201801185686

Umiaisa201801185687

あんなに短い尾羽でも、ちゃーんと制動の役目をしているんですね。

Umiaisa201801185598

これは気持ち良さそうなウォータースライダーです。 私がウミアイサなら、いつまでも水面を滑って遊んでいるのですがね。happy01

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«安濃川河口のウミアイサ